ときのそらと富士葵が素敵だと思う(理由)

純真が正のエネルギーで進む姿ほど素敵なものはない。

時々カタカタとバーチャルユーチューバーの話を綴るワタシ。

この時点で一切言及していないのだけど、一番好きなのは「ときのそら」だったりする。

その話をする前に最初にひとつ前置きしておくと、「マンガ・アニメ」のキャラは創作物。

でも、バーチャルユーチューバーはデジタルの役者の世界であって、「キャラクターが好き」というのはアニメオタクのように「二次元の嫁」とか気持ち悪いことは言いません。

キャラはキャラではあるものの、声や動きを付ける中の人そのもの。実在しないけどあれこれ工夫して何かを見せてくれる制作の人々なんです。

…なので、「ときのそら」というキャラであれこれするチームや中の人全部ひっくるめて「ときのそら」が好きだな~と言ったりしているわけです。

そのへん、本当に「絵」と「ドラマ」の世界のアニメやゲームのキャラが「好き」というモノとはちょっと違うので、嫌悪感抱かないでくださいな。

リアルアイドルは「作られた演者」でアニメのキャラと同じ。それに発情期絡みでハァハァする人々のいう「好き」とはちょっと違うんです。

ユーチューブは試行錯誤している間、収益ゼロなんですが、炎上や憎悪や不安感をあおるエンターテインメントでもないし、キャバクラやホストのようなリアルなアイドル事業でもない。

ときのそらさん、いい性格。

方向性を模索中の最初の頃は「とりあえずJKキャラ」で進めていた制作陣ですが、声と動きを司る中の人があれこれ考えたり続けてみたりしているうちに「素敵な女性」になっていきました。

↑模索中の初期回

バーチャルユーチューバーさんって、たいてい最初のキャラの方こそ設定的な演技なのだけど、時間の経過とともにリラックス&自分のキャラが出てきます。

「私には夢があるんです。横浜アリーナでアイドルのようなライブをしたい。」

ときのそらの中の人の思いがそのままなんですね。

↑泣けるやつ

テレビの芸能人のようにカネを貰いつつ全て設定されたうえでの宣伝リークではなく、成功するかどうかもわからない無収益の人々の夢。

現実的な脳内観察者である自分はアイドル事業自体、全否定な筆者なのだけど、そういうんじゃなくて「叶うといいね!」と心から思える誠実なタイプが「ときのそら(中の人)」さんでした。

冒頭の見出し「純真が正のエネルギーで進む姿ほど素敵なものはない。」と思うのです。

↑23:40 伝説的な場面

そらさん、中身が素敵すぎる。( ;∀;)

いい歳したオトコなのだけど、結構泣かせていただいてます。

その後、富士葵とのシンクロ発現

かつて「歌唱力にステータスを全振りしたキャラ」と(誉め言葉的に)言われていた富士葵さん。

バーチャルユーチューバーの先駆者キズナアイの2周年動画ではゲストでときのそらと富士葵が並んで参列出演していました。

↑26:30 牽引者たち

四天王と呼ばれたマンモスキャラのシロさん、ミライアカリさん、カグヤルナさん、のじゃろりさん、(お馬さん)と並んでピックアップされたのが、ときのそらと富士葵。

なんだかね、こういう優しい&真面目なキャラ(性格)の人って評価されてこない部分あるじゃない?現実でもさ。

テレビのお笑い芸人みてるとわかるよね。他人を笑いものにして人気者演出する世界。

それがさ、誠実さや努力家の象徴のようなときのそらと富士葵が注目される舞台に呼ばれて…嬉しいんですよね。

うん、そういうお話。

必要以上に(オタク向けに)媚びたりしなくてもいい。

炎上商法とか、リアルバーチャルユーチューバーのように子供に受けるモノで金儲けしないで、誠実な人々が活躍する世界を広めてもらえたら嬉しいです。

…という気持ちで応援。

話題にするだけで応援になるでしょう?

ときのそらさんは無個性の現実寄りの人々(自分たち)に一番近いキャラなんだよね。

そりゃ、応援しますって。( *´艸`)

夢、叶うと良いね!

この記事を書いた人 :