雑記ブログを始めた理由、気分転換と脳内整理とあれこれ

カモ

自分語りのブログ、「あの時」みたいで良いと思う

世の中にアフィリエイトが存在する少し前から出始めていたのが「ブログ」でした。

その時、多くの人が自分の楽しかったことや悲しかったこと、それぞれの人々の心をあちこちで見ることができてなかなか素敵な世界がありました。

当時、わけがあり、自分は日本人が少ない海外の町に長期滞在していて、野良犬のようにそのへんで昼寝しているカンガルーを横目にユーカリの空気を吸い込んだりしておりました。

あの時はエキサイトブログだったかな?

まだ普通の人がホームページやブログに商業広告を貼る機会がない時のお話。

誰もが収入と無縁の素敵な時代。

アクセスがどうとか、検索されるとか、それ自体意味がない(お金になる概念がない)ので、ブログはみんな自分の言葉を綴る中身のある個人たちでした。

まだスマホなんて無い時だったので、発信する人はパソコンのキーボードでちゃんとした文章を綴っていたんですね。

文章入力しにくいスマホとSNSの時代になってから、人々の言葉は最終的には「一行」「一単語」「写真一枚」で交流(?)するようになってしまい、知り合い・身内だけにしか意味がわからない世界になってしまったんです。

久しぶりに昔風ブログ、はじめました

キーボードでカタカタ。

海外に住んでいた時と違い、新鮮な話題は全然なくて(歳もくったし)、何より日本の世界観は「あの時」から先ずっと暗く落ち込んでいるのだけれど、今では「狂人」に見えるかもしれない『長文』という普通の文章を書く場を作りたいと思ったんです。

でも、あれこれ考えちゃうんですね。

「何のテーマのブログを立ち上げようか」なんて。

時代が変わり、「ブログ」というものがみんな副収入の道具の位置付けになってしまったので、お金儲けやアクセスが集まりやすいテーマとか、そんな見えないルールが土台になっちゃったりする。

それって、自分の言葉を並べる場所にならなくて。

そんな風に考えていた時、あるブログを目にすることができました。

ドイツに滞在する若い女性のブログの1ページ。

時代は違うけれど「あの頃」の自分も海外にいたし…。

「キュレーション・ブログ」とかの検索ワードでひっかかった彼女のブログの、その中の1ページがブログ作りの原動力のひとつです。

『書きたい・話したい・伝えたい・面白い』に満ち溢れていた「あの頃」から、人が読み易い「長文」を綴る人自体が「うざい」くらいに多数派たちの常識に世の中が流され、文章力も並み以下になってしまった。紙に文を書く機会もなく、漢字も書けなくなる退化っぷり。

一年1500円くらいの雑記場所。

でも、いいんだよ、お金にならない雑記場所、作っちゃおう。

同じこと考えている人、いたじゃない?

誰に「受け」なくてもいい。

出会いにつながるか?とかも考えなくてもいい。

お金(アクセス)になるジャンルか?とか、そんなんばっか考えなくていい。

そういう計算をしなくていい。

いつ辞めても良いし、時々すっぽりさぼってたっていい。

独自ドメインブログにしたのは(無料)ブログサービスの企業に利用されたくなかったから。

もともとhtmlのホームページ派だったので、そこそこ知識や経験もあったから。

1年後、はたまた2年後、自分が生きているかもわからないけれど、「好きな事綴れる場所を自分で作っておこう」って。

ドメインは有料だけど、月に100円ちょっとのお話。

雑記ブログの愚痴に注意しよ。。。

愚痴はまあ、少数派さえも関係ない個人レベルの愚痴は避けるのがベターかなと。

男性の場合、おしゃべりする本能が女性と違うので友人(同性と群れないから)自体少ないし、親兄弟にも不平不満を話さない、なんでもかんでも全て我慢する気質があるから愚痴ってそんなに多く発さないけれど、女性は気を付けた方がいいかなって思います。

その人があれもこれも不満に思っているだけの「自分以外に関係の無い愚痴(自分本人がなんとかするだけの解決しかない)」って、あまり良いエネルギーを生まないから。

幸せの公表も同じ。

世の中、自分で全部やる「キャンプ」の方が価値があると考えてる人だっている。

コンビニのおにぎりでいいじゃん?の人もいる。

クルマ生活を含めた「贅沢」に溺れる性格の多数派が嫌いな人もいる。

お金を出して誰かにしてもらったことを多数派の人々の価値観でひけらかすのは…本当に喜ぶのは、話題を集めてお金を使わせることに成功した企業さんだけだったりして。

「多数派たちの楽しい事」に合わせて見習ったり祝福してあげないといけませんか???…ってなっちゃう。

そんな場所や時間がひとつあると良いかもですよ。

紙とペンで文字を書かなくなった時代、自分のアタマの中を整理する機会を作らないと「他人の価値観を見せられる」だけの生活が世間の常識になっちゃう。

おっと、特にテーマのない乱文になった。

でも、いいのさ。

雑記ブログだもの。(´▽`)

カテゴリー ブログの便利帳

この記事を書いた人 :