道に佇む野良猫

本当の意味での雑記ブログの作り方のコツ&雑記ブログとSNSのつぶやきの違い

様々なジャンルを綴れる雑記ブログ

およそ10年ぶりのブログ。

パソコンやhtmlサイトには慣れているものの、ブログ的には新参で実績もないのに「雑記ブログの作り方のコツ」を綴り始めるワタシ。

お金儲けオンリーの人は他のブロガー(って言うんだっけ?)さんのノウハウブログへどうぞ。

アレらに違和感を感じたブログ的なマイノリティーさん、こんにちは。

雑記ブログとSNSのつぶやきの違い

雑記ブログって、一本あるといいかもしれない。

SNSの「つぶやき」は、土台自体が企業の事業の肥やしにしかならないし、ほとんど時事的な数行のつぶやきはいいね!のしあいあい。

だから誰かや何かを晒すだけのツールになってしまうし、1ヵ月後には本人でさえ目を通さない内容の無さ。

20代あたりまでの人々はアピールしたいお年頃。顔出し、自撮り、どこで何を過ごした、他者との感動の共有、良いと思うし、性的欲求とつながった本能みたいなもの。

多くの人にとって意味をなさない料理の写真もわからなくもないし、SNSやコミュツール(今ではLINEなんだろうか?)が青春そのもの。

好き・嫌いはおいておいて、SNSってそういう特性があります。

話を戻すと、SNSは「現在進行形の昔楽しんだ青春の時間」であって、思考・嗜好・雑記・日記とは相性が悪いのでアカウントを作る前に理解しておきましょう。

雑記と日記を理解しておくといいかも

雑記ブログは「いろいろな話が読める一本の本」。

日記ブログは「その人のメモ帳」。

ついでにhtml型のウェブサイトは「専門情報で完結された一冊の本」。

自分(のこのこ)は雑記ブログを持ちたくなりました。

日記ブログと違い、ブログを開設する段階から考えて始めないと「長文の青春ツール」になってしまいます。

雑記ブログは雑誌のような扱いの方が自由度が高いです。

雑記ブログの中に日記のコーナーがあってもいいけれど、日記ブログは範囲も世界も対象年齢も狭いので注意しましょう。

雑記ブログ、金儲けとアクセス集めの話ばかり

雑記ブログの先人のアドバイスを調べると、上記の情報ばかり。

根本的には収益がないとブログを書くエネルギーは無くなってしまうけれども、そればっかりが検索上位に引っかかると、世の中「まとめ・キュレーションサイト」だけになる。

まとめサイトって、作っている人自身「くだらないもの作ってる」と思ってるはず。

雑記ブログで時々思ったことを話す場所を用意したい人たちに、月のアクセス数やブログサービス内の仲間たち(人気ブロガーって言うんだっけ?)の話に話がすり替わっていたりするわけで。

しまいには独自ドメインサービスやレンタルサーバー、ワードプレスの有料テーマの広告リンクが出てくる。

「あとあと」はそれを調べてもいいけれど、「最初の教科書(雑記ブログの作り方のコツ)」としては求める内容がズレていました。

雑記ブログの作り方のコツ

本で言えば「章」を考えておこう。

ブログで言えば「カテゴリー」。

雑記…自分自身がおしゃべりしたいジャンルがあるはず。

暗く、ネガティブな気持ちの人が居たっていい。

むしろ、遊び歩くアピール全盛の大学生のノリばかりのブロガー(って言うんだっけ?)ばかりの世界で、本当に読みたいのは「失敗したり切り抜けたりしてきた真面目の人の話」。

明るく、人を集めて商売する詐欺師の集客ブログに目を通したいわけじゃない。

暗い・真剣な話を綴る時の注意

ただ、暗い話は自分自身が綴る言葉に自分自身が一番洗脳されやすいので注意しましょう。

主張も含めて興味や情熱が湧く話が一番綴りやすいけれど、『愚痴』や『主張』や『願望(要望)』を綴るだけの視点であれば、雑記ブログではなく日記やSNSにした方がいいです。

ネガティブな主張はなにより自分の心が闇落ちしてハマることがあります。

明るい人だけを評価しているわけではなく、暗い話を情熱を込めて書き続けることで脳内がそれに支配されて自己洗脳となり、本当に危険。

共感・理解してほしい願望を綴るのではなく、それに苦しむ人々向けに情報開示するような変化球を身に付ければ、暗い(重い)テーマもそこそこ書きやすくなると思います。

明るい人側も同じ。
読む人に幸せを分ける話題ならいいけれど、自分の幸せやライブや花火、お酒のパーティーにいる自分自身の話を毎回振りまかれてもイライラする人の方が多くなります。

海外好きな人が自撮りで遊び歩いている様子を報告されても、人々に反感や嫌悪を与えるだけなので注意。

自分のお金、自分の時間で自分の好きな事をしても、視点や話し方が違うだけで別次元のブログになるんですよね。

ブログに使う写真・アイキャッチについて

完全に個人的に思った事です。

ブロガーさんたちのブログのアイキャッチ写真&イラスト、フリー素材の外人さん画像、イライラしません?

ブログの体裁上、一つの話題に一枚写真が必要なのはわかるけれど、「イメージ写真」「自分で全く撮影してない」「写真素材」でオーバーリアクションの外人さん写真が並ぶと、ブログの管理者さんにイラっとします。

自分はどうしよう?

今回(10年ぶりのブログなので)、考えました。

雑記ブログの写真って、旅行サイトや料理レシピサイトやニュースサイトと違って、挿絵程度なんですね。

読む人も書く人も気分転換系の雑記ブログにしたいので、好きな風景の写真でいいんじゃないかって。

カメラ好きで数万枚風景や小物の写真を撮ってきましたので、適当に100枚ほど「世に出さなかったどうでもいい写真」をワードプレスの写真倉庫にアップロードしておきました。

盗用されにくいようにURL入り。

雑記ブログなので、写真必須な記事はそうそうありません。

これからブログを始める人がいたら、そんな感じで画像を用意してみるといいかもしれません。

「フリー画像」でああしてこうして…先人を見本にして同じ材料で同じようなモノを同じように作っても、埋もれるの、当たり前じゃない?

カテゴリーは今後、整理再編成していくつもりですが、最初の最初はこんな感じです。

記事のタイトルは…最近のブログのタイトルって長いんですね…。

記事(?)を書いた内容の中から、見出しを中心に最後にコピペしてタイトルにしてしまおうと思います。

お金儲けブログはそれ系のブロガーさんのブログへどうぞ。(タイトルの付け方が煽りや疑問形だったりする)

自由に綴る雑記ブログでアクセス狙いルール縛りを意識すると、たぶん続かないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です