公園のイス

大人のためのユーチューブの楽しみ方

テレビ、嫌いなら見なければいい。ホントに。

韓流ブームのごり押しが始まってからテレビが嫌いになりました。

かの国がどうこうという話ではなく、あからさまに視聴者無視、どこかの国の国家予算で繰り返される「うわべだけの大人気」がありえないくらい白々しく、それ以後ずっと全局挙げての偏向報道。

テレビが特定の姿勢(思想)を貫けば貫くほど、普通の人、うんざりです。

政治運動や依頼者の印象操作はテレビの外でやってほしいな…。

もちろんヨシモト芸人もジャニーズ芸人もキャバクラアイドルもうんざりです。

(下戸なのでキャバクラってトコ、行ったことないけど。)

と、言うわけで、何年も前からテレビのアンテナ線もコンセントも抜いてテレビを見ない生活をしています。

もちろん、NHKにお支払いはしていません。
(支払う理由が本当にありません)

ユーチューブ、いいですね。クリエイティブで。

そんなこんなでユーチューブがラジオやBGM的に流れまくりの日常です。

好きなジャンルはゲーム実況やらバーチャルユーチューバーやら。

結構いい歳なワタシ(のこのこ)なのですが、マイノリティなブログにしたので多数派に遠慮せずに好きな事を語ろうと思いました。

コメントを書いているのは中学生・高校生ばかり。「書いているのは」ね。

のこのこ、一般的イメージの「オタク」とは全然違う人です。

オタクさん(マイノリティ)がいてもいいですよ~。

いい歳した普通の人でも楽しんでいるよ~というお話。

ユーチューバーっていろいろいるみたいですが、炎上系…というか、顔出しの人のチャンネルは一切見ません。

テレビと同じタレント業の…テレビより質の低いエンタメ見せられても大人にとっては時間の無駄です。

日本のトップユーチューバーが顔芸メインかつ、内容が幼稚なのは小中高生(多数派)がターゲットだから。

…で、そんな顔芸やら炎上系やらを一切スルーして、落ち着いた声の人の動画とか「自分の感性に合った人」の動画をチャンネル登録するわけです。

そこにもコメント欄があって目を通してみると「こどもたち」ばかりなのだけど、考えてみれば「大人になればなるほどカキコミってしない」もの。

お茶の間でもそうですよね。

子供がテレビに真剣に感想を言っても、親が作り物のテレビに真剣に感想を誰かに伝えることってありませんよね。

子供しか見ていないのではなく、楽しんでカキコミする子供たちを優しい目をして見流しつつ、素人さんや制作会社さんがあげてくれる動画を結構楽しんで見ていたりします。

ボカロも良かったし、バーチャルユーチューバーも良い。

合成音声の曲がボーカロイド。

ボカロと言うまあジャンルなのだけど、アイドル業のメッキが剥がれた時代、もうカッコつけた名のある歌手って「演出の人気」ってわかりますよね。

音楽業界やテレビ、芸能業の人々が自分たちの利益になることを持ち上げて演出して作り上げた人気者。

ビートルズやBOOWYの時代なら本物だったかもしれないけれど、不自然なジャニーズの露出やAKBの総選挙やらゴリ押しされまくると、もう歌手という事業者に入れ込むこともなくなるわけで。

ボーカロイドとかバーチャルユーチューバーって、クリエイターの実力や企画力、声の個性や制作チームの作品。

多数派を占める「子供」向けを狙うクリエーターもいるけれど、落ち着いた良い声でゲームをしてくれる実況者さんもいる。

見ている自分たちは一円も払っていないけれど、クリエーターさんたちの動画を再生してあげるだけで製作者の人々が助かる図式、なかなかイイですよね。

炎上系や迷惑系ばかりが報道されるけれど、テレビは動画サイト潰したい側だし、見てイライラする批判ばかりのチャンネルってテレビと同じように「一切見ないようにすればいい」んです。

SNSも同じ。イライラ、悲しくなるものは自分から止める。

SNSも同じかな~って思います。

インスタ映えとかラインとか(一時期はフェイスブック)メディアが取り上げれば取り上げるほど、「ああ、広告費払って取り上げてもらってるんだね~」とわかる人には見え見え。

報道しない自由をしれ~っと行使するテレビやメディアが「タダで話題にするわけがない」わけで、反面、『書き込んだ全ての個人情報は彼らに利用されています』という話題には触れません。

おっと、話が逸れました。

多数派に合わせている人、いませんか?

威風堂々、少数派。

自分の好きな世界を歩いて行きましょう。

時々、マニアックなユーチューブの話も綴ると思います。

動画サイト人口自体、男性が多いので男性向けが多いけれど、女性はどんな動画が好きなんでしょうね。

メイクのどうこうとか料理とかなのかな?

テレビは見るけど動画は見ないとか…。(´-ω-`)

アイドル批判的なコトを書きましたが、別に攻撃・炎上ブログを狙っているわけではないので、ご自分の好きなモノ見てくださいね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です