自動広告の関連コンテンツが生成されるまでの日数メモ

内容のあるサイトしか生成されない関連コンテンツ広告

このブログではなく、同時期に立ち上げたブログでグーグルアドセンスの関連コンテンツが生成・解放されたお話メモ。

もともとホームページで運用していたゴミのような評価のないドメインをワードプレスでリニューアルしていました。

ドメイン自体は2年前取得、そして今年の6月半ばから(執筆時換算で2週間)せっせと再調整していたもの。

アドセンスの「関連コンテンツ」という自動広告スタイルにユニット生成可能な形で準備されておりました。

 

ここ二週間で用意したページは110ページくらい。

もともとテーマとページがあるサイトのワードプレスブログ発進だったので、すごい勢いでページ化していたのですが。

ホームページ(html5+css)だけの時は自動広告の関連コンテンツが全然生成されない失敗サイトでした。

再構成の構造(カテゴリー分けやコンセプト)が筋道立てて捉えられたのか、ブログスタイルの導入から二週間後に関連コンテンツが表示されていることに気が付きました。

表示だけではなく作成もできるようになってました。

グーグルさんが見てくれるとちょっぴりやる気出ますよね。

当ブログは文体やテーマも自由に綴れる結構闇っぽい雑記ブログ。

でも、ワードプレスやブログに触れてこなかった自分からすると、気軽にいじれる表示テストやプラグイン関係のテストブログでもあって、「評価ゼロだったサイトのリニューアルをしてみちゃおう」という発想が生まれたのもそんな闇ブログを立ち上げたからこそです。

自動広告の関連コンテンツは(現時点では)ある程度作られたサイトにしか生成されない広告ユニット。

いくつかホームページを持っているけれど、そんなに作成可能になる率が高いわけではありません。

そして、広告だらけになってしまうソレが表示できるようになったからといって、それほどお金が増えるわけでもない。…のは知ってます。

でも、手ごたえもアクセスも、(そもそもブログ形式ではないのでコメントも)ない孤島のようなサイトで、アドセンスさんのがアドセンスさんの謎の基準をクリアさせて自動で準備してくれたのはやっぱり嬉しい。

htmlやcssがある程度わかっているとはいえ、まだまだ慣れないブログ・ワードプレス。

もともとあったドメインとはいえ、全くの無評価状態だったそのサイトでは二週間・100記事で関連コンテンツが生成されました。

雑記ブログは乱文でもいいし、毎日何か書こうとしても意味はない。

雑記ブログのお話。

そういうことをつぶやいたり、どうでもいいメモを書き留めたりする自分の場所があると助かる。

雑記じゃないブログやサイトってある程度テーマがあるでしょう?

そこに日記やメモを書いてもアレですし、グーグル検索の順位がぁ~とか、評価がぁ~とか、アクセス数がぁ~とか、そゆこといろいろ気にしないといけなくなっちゃう。

雑記ブログは時事ネタでもニュースの感想でも書きたいものを綴っていい場所。

お金にはならないけれど、書いているうちに「うわー、暗い話ばっかり」とか、「他人への文句ばかり」自分で気付いていけたりもする。

 

テーマがない雑記ブログは三日坊主になりやすいけれど、三日に一度、週に一度、月に一度でも、「メモれる専用の場所」として存在しているといいのかもしれない。

おっと、ページの中は「雑記」しちゃダメだ。

関連コンテンツが生成されるまでの日数メモでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です